7月7日 七夕に発売

栃木県 佐野市 第一酒造(株)

厳撰涼酒 「開夏」

「初呑み切り」参加酒販店限定販売品

毎年、初夏の頃に日本酒の酒蔵では、冬に仕込んだ熟成

途中のお酒を貯蔵タンクから無菌の状態で少量を抜き取り

利き酒をして味わいを確認する「初呑み切り」という大切な

行事があります。

栃木県最古の酒蔵、佐野市の「開華」さんでは、この行事が

6月7日に行われ、当店も関東近郊にある酒屋仲間と共に

参加させていただき、利き酒をした数多くの中から、「夏に

ピッタリで夏の旬の食材にも合うお酒」を撰んでまいりました。

この厳撰されたお酒を、蔵元で一か月の間熟成させ、更に

おいしくなる7月7日「七夕の日」に販売させていただきます。

今年撰ばれたお酒は ・・・ タンクNo.71

造り ・・・純米吟醸酒

原料米・・・五百万石、あさひの夢(栃木県産)

(59%精米)

酵母 ・・・ T-S・1401(金沢酵母)

日本酒度・・・+3.5

特徴  上品で控えめながら香ばしい香り

スッキリとさわやかな味わい。

合う食材  山菜、香味野菜、魚系の和食、

かつおだしを使った料理など。

720ml 1,620円(税込)

1.8L  3,240円(税込)